カテゴリー別アーカイブ: 司法制度

福田多宏氏控訴審判決で問われる「刑事司法」「検察改革」の現状

私が、「権力との戦い」と位置付け、全力で取り組んできた3つの刑事事件について、こ … 続きを読む

カテゴリー: 脱税事件, 談合事件, 司法制度, 大阪国循事件, 検察問題, 人質司法 | 1件のコメント

福田多宏税理士・法人税法違反事件、「大逆転判決」の可能性~10月9日大阪高裁判決への期待

最近、権力集中の政治状況もあって、世の中全体は、権力におもねる傾向が強まっている … 続きを読む

カテゴリー: 脱税事件, 司法制度, 人質司法 | 3件のコメント

産経新聞は、誤った「印象操作」記事は撤回・謝罪すべき~なぜ「人質司法」解消に水を差すことに拘るのか

産経新聞の、【保釈率倍増、高まる逃走・再犯リスク 裁判所判断に浮かぶ懸念】と題す … 続きを読む

カテゴリー: マスコミ, 司法制度, 検察問題 | コメントをどうぞ

「法人としての日産」をゴーン氏と共に起訴した検察の“策略”

ゴーン氏弁護団の公判分離申立て  昨日(4月2日)、日産自動車の前会長カルロス・ … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題, 検察問題 | 1件のコメント

“ゴーン氏保釈”で転換点を迎えた「特捜的人質司法」

 昨年11月19日、東京地検特捜部に逮捕され、勾留・再逮捕が繰り返される中、無実 … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized, 司法制度, 日産問題, 検察問題 | コメントをどうぞ

世耕大臣のダボス会議での「人質司法」擁護“失言”を、朝日はなぜ削除したのか

ダボス会議に出席した世耕弘成経済産業大臣が、1月23日、「日本に関する討論会」の … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題 | 2件のコメント

ゴーン氏、早期保釈の可能性~「罪証隠滅の現実的可能性」はない

 1月8日午前、東京地裁で開かれた勾留理由開示公判で、カルロス・ゴーン氏は、自身 … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題 | 1件のコメント