カテゴリー別アーカイブ: 日産問題

「法人としての日産」をゴーン氏と共に起訴した検察の“策略”

ゴーン氏弁護団の公判分離申立て  昨日(4月2日)、日産自動車の前会長カルロス・ … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題, 検察問題 | 1件のコメント

日産、株主が選任した取締役の取締役会出席に「会社」が反対する“異常事態”

 保釈が許可され、108日ぶりに身柄拘束を解かれたゴーン氏は、裁判所の許可があれ … 続きを読む

カテゴリー: コンプライアンス問題, 日産問題 | 5件のコメント

“ゴーン氏保釈”で転換点を迎えた「特捜的人質司法」

 昨年11月19日、東京地検特捜部に逮捕され、勾留・再逮捕が繰り返される中、無実 … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized, 司法制度, 日産問題, 検察問題 | コメントをどうぞ

ゴーン氏保釈が、検察、日産、マスコミに与える“重大な影響”

 3月5日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長について、東京地方裁判所は、保釈を … 続きを読む

カテゴリー: 日産問題, 検察問題 | 1件のコメント

日産西川社長の“デタラメ”を許してよいのか

2月28日の日経朝刊一面トップの「2005年転機、日産ゴーン会長に全権『あの時、 … 続きを読む

カテゴリー: 日産問題 | 5件のコメント

西川社長ら日産経営陣は、なぜ「検察の手先」となるのか

1月11日に、特別背任等で追起訴された後も、2度の保釈請求が却下され、勾留が90 … 続きを読む

カテゴリー: 日産問題 | 1件のコメント

世耕大臣のダボス会議での「人質司法」擁護“失言”を、朝日はなぜ削除したのか

ダボス会議に出席した世耕弘成経済産業大臣が、1月23日、「日本に関する討論会」の … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題 | 2件のコメント