作成者別アーカイブ: nobuogohara

nobuogohara について

弁護士

「日産公判分離せず」は、法人処罰の問題ではなく、司法取引の問題

カルロス・ゴーン氏、グレッグ・ケリー氏と、法人としての日産自動車が併合起訴された … 続きを読む

カテゴリー: 司法取引, 日産問題, 検察問題 | 1件のコメント

令和の時代に向けて日本の刑事司法“激変”の予兆~「日産公判分離せず」が検察と日産に与えた“衝撃”

昨年11月19日、突然のゴーン氏逮捕から始まり、国内外から大きな注目を集めてきた … 続きを読む

カテゴリー: Uncategorized | 2件のコメント

“ゴーン氏再保釈”、「人質司法のカード」を失った検察

 日産の前会長カルロス・ゴーン氏について、東京地裁は、25日、保釈を認める決定を … 続きを読む

カテゴリー: マスコミ, 日産問題, 検察問題 | 3件のコメント

正義の「抜け殻」と化した検察官~国循事件控訴審、検察「弁論放棄」が意味するもの

4月16日、大阪地検特捜部が、国立循環器病研究センター(以下、「国循」)の元医療 … 続きを読む

カテゴリー: 大阪国循事件 | 1件のコメント

ゴーン氏「オマーン・ルート」特別背任に立ちはだかる“経営判断原則”

 一昨日(4月3日)午後、産経新聞が、ネットニュースで「カルロス・ゴーン被告を4 … 続きを読む

カテゴリー: 日産問題 | 2件のコメント

「法人としての日産」をゴーン氏と共に起訴した検察の“策略”

ゴーン氏弁護団の公判分離申立て  昨日(4月2日)、日産自動車の前会長カルロス・ … 続きを読む

カテゴリー: 司法制度, 日産問題, 検察問題 | 1件のコメント

日産、株主が選任した取締役の取締役会出席に「会社」が反対する“異常事態”

 保釈が許可され、108日ぶりに身柄拘束を解かれたゴーン氏は、裁判所の許可があれ … 続きを読む

カテゴリー: コンプライアンス問題, 日産問題 | 5件のコメント